タイ旅行記【5】~ラン島
帰国後1ヶ月が経ってしまいましたが、ようやくタイの思い出めぐりの5回目です。

タイ4日目。パタヤ到着2日目のこの日は、パタヤビーチからスピードボートで30分くらいの無人島(観光のみ)ラン島ツアー。
朝、新しいガイドのバンさん(本当はニックネーム「アップル」の短縮「プル」さんなのだが、「バン」とみんなが呼んでいる様に聞こえたので「バン」さんと書きます)とロビーで待ち合わせ。ちゃきちゃきの大阪のおねえちゃんみたいな元気なひと!日本にも何度も来た事があるらしく、ちょっとおかしいけど意思疎通に問題ないレベルの日本語が話せる。

a0010667_2101093.jpgビーチまではいつものタクシーで。そとは小雨。ビーチで遊ぶ天気じゃないけど、そんなに寒いわけでもない。着くまでに止むことを祈って、出発!
ビーチではたくさんの客引きの声を振り切って、のバンさんがなじみ(?)のボートオーナーさんと交渉。おじさん、黒くてたくましくてまさに「海の男」って感じ。一台のボートをゲットして、私たちを乗せる。ほんとに二人だけ!まるでプライベートツアーのような優雅さです。
このボート、見た目よりもずっと早い。ほんとジェットコースターな勢いで、海面をすべるように走る。風がびゅんびゅんうなって、波に舟が上下にがっくんがっくん揺れて、すごい勢いと迫力。下手したら酔ってしまいそう。だから私たちはボートのあちこち動き回って写真撮ったり、風に身をまかせてみたり、テンションあげてわいわい盛り上がった!

a0010667_2171716.jpg島に近づくに連れて、空にはパラセーリングのカラフルな色が増えてくる。海面にいくつも浮島があって、そこに客を呼んでパラセーリングを体験させているみたい。
いいなぁと眺めていたら、私たちのボートも島に着く直前、ひとつの人口の小島に近づいていった。タイ語だからよく分からないけど、下されるままにボートから小島に飛び移る。

「やりたい?1000バーツ(約3000円)よ?」とバンさん。
高い・・・。でも、ここでケチってもしょうがないなと思って(正直断れない雰囲気があったのも事実だけど)、OK。すぐに海の男たちが群がってきて、手分けしてベストを着せる。
うう、こわい・・・しかも、結構シンプル。こころぼそい・・・。
「アナタキレイネ」「チョーオモロイ」と励ましてるんだか、セールストークだかわかんないけど、白い歯をニカっとさせて口々に言う海の男たち。とにかく陽気でアツイ。彼ら、意味分かってるのかな(笑)
弱気になっても、逃げ場はないし、日本語も通じない。あれよあれよという間にベストに紐がとりつけられて、その先がボートにつながる。ええ、もう?!いきなり「走って!」と叫ばれる。わわ、走らなきゃ走らなきゃと駆け出した瞬間、からだが浮いちゃった!
a0010667_2223813.jpg
空を泳いでる間、とにかく高くて、風が生きてるみたいにまといついて、からだも軽くて、不思議な感覚だった。「きゃーきゃー」喜ぶと、お兄さんたちも嬉しそうに手を振ってくれる。
ボートのおにいちゃん、「サービス」なんて言って、途中でわざと海面すれすれまで落とすの。「アシダケ」って言ったのにTシャツまでビショビショ。あっという間に3周まわって、地上(というか小島の上)に帰ってきた。またもや男たちに取り囲まれて、あっというまにベストをぬがされる。「オモロイデショ」ととっても嬉しそうに何度も言うおにいさん。いい笑顔するなぁ。

さて、ラン島ビーチに到着。
碧い海。白い砂浜。
ほんのちょっと離れてるだけなのに、
パタヤのビーチとはぜんぜんちがう、まさにリゾートな海。
曇りのためが、白っぽいけど、晴れた日はもっとキレイだという。残念。

マリンスポーツ過密気味、と書かれているだけあって、ビーチにはボートと呼び込みの海人がいっぱい。ひっきりなしに「**シナイ?」とか「**はイリマセンカ」とかセールストークが始まるから、のんびりできる雰囲気じゃないな。
ベンチとロッカーはバンさんに用意してもらって、私たちはシュノーケリングセットと水中カメラを持って海へ飛び出した!
(その前にアホなポーズで写真をいっぱい撮った☆)

私ははじめてのシュノーケリングに挑戦。ゴーグルして、シュノーケル咥えて、いざ海中へ。
幻想的。ちょっと言葉じゃ表せません。
写真もたくさんとったけど、多分あそこでゴーグル越しに見た色は再現できないと思う。
とにかく深い、生命の海を感じました。

a0010667_2524163.jpga0010667_2454249.jpg
お昼はテーブルいっぱいのタイ料理のコース。日本人用につけてくれた味噌汁が微妙だったけど、あとはぜんぶおいしかった。
午後はまたシュノーケリング。中国から来たビジネスマンのグループと仲良くなって、愉快なおじさんが「写真を撮って(←中国語)。友人が翻訳)」とうるさく言うのでパチリ。今見てもこのおじさんおかしい(笑)
a0010667_2522216.jpg
あとはバナナボートなど定番なマリンスポーツも楽しみました。

うう、ちょっと眠すぎなので、続きはまた後ほど。
[PR]
by suzumecco | 2004-10-07 02:53 | Thailand
<< 未来創造*夢世界 地震 >>