最後のゼミ
木曜日、最後のゼミだった。
2年間通った教室とも、さよなら。
仲間とは、これから、だと思う。でも、あの空間はもうない。

最後のゼミで、親友で後輩のYが泣いた。悔し涙。
私たちが始めたプロジェクトが、私たちの卒業と一緒に終わる。
ずっと続くよう残してあげたかったけど出来なかった。
それがいちばん心残り。

勉強した、遊んだ、語った、出かけた・・・
いろいろな時間を共有した。ゼミってきっかけがあったから出会えた。
居心地がよすぎて、私は傍若無人に過ぎた気もする。
みんないいかげんだったりもした。本気で頑張ったりもした。
すごく魅力的なところも、だめなところも、たくさん見てきた。
反省するところも多いけど、それも含めて、ここにいられてよかった、と素直に思う。

「勉強はひとりでするもの」
うちのゼミは結局個々に行き着く。
「そして終わらない」

平和学やってきたわたしたちが、ばりばりの資本主義社会に組み込まれていく矛盾。
でもそれもひとりひとり乗り越えなきゃならない。
私はずっと、平和学に関する分野は関心もって見ていくと思う。
ひとりでも、ずっと。
みんなそれぞれがんばってくから。
また集まったとき、いつでも話ができるね。
[PR]
by SUZUMECCO | 2005-01-20 03:36 | dialy
<< 台湾の友達来日! 卒業旅行♪ >>