睡眠障害疑惑③
健康診断からしばらくして、会社の健康管理室の先生と面談。
なにかしらアドバイスなりもらえるかと思ったら、
不眠相談は多いけれど、過眠についてはそれほど多くはないとのこと。
というより、過眠=睡眠時無呼吸症候群との認識が強いらしい。
とりあえず、睡眠センターを併設しているとい虎ノ門病院に紹介状を書いていただいた。




そして、初めての来院。会社は午前休を取った。
今まで大きな病気をしたことのない私にとって大病院に自分がかかるのは初めて。
いろいろな部署をまわされて、待つこと2時間、ようやく診察室に呼ばれた。
先生は若くて明朗な話し方をする男性の医師。
健康診断の時の医師にナルコレプシーの可能性があるといわれたことや、これまでの症状や悩みを話すと、「とりあえず検査をしっかりやってみましょう。そうでないと、何もわからないし、不安なままでしょう?」とすぐに予約を取ってくださった。うーんシンプル・・・悩む間もなかった・・・。
検査の結果診断が下ったら、薬物治療を受けるのか、というような質問をしたら、「うーん、思い込みという場合もあるから、その場合は睡眠の質を高めるような生活指導になりますね」とも。
なんだかよくわからない。とりあえず検査をしなければ前に進めないということか。
その日早速自宅で夜間睡眠時の呼吸を調べるような検査キットを持ち帰ることになった。

両手の平を広げたくらいの機械から2本のケーブルが延びていて、指からは脈拍を、鼻と口から呼吸を検知するセンサーにつながっている。ぺたぺたとテープで固定して就寝・・・。
結果は朝起きて機械を止めるとその中に記録されているらしい。
うーん、シンプル。よくわからない。

とりあえず次の検査までは忘れよう。
[PR]
by suzumecco | 2006-09-14 22:22 | sleeping
<< 睡眠障害疑惑④ 睡眠障害疑惑② >>