苺タルト@キルフェボン
a0010667_1740260.jpg

今日はとっても素敵な日♪
お昼に小学校からの親友Aちゃんとお茶。
記者な彼女はバリバリのキャリアウーマンないでたち。
動きやすいようにと黒のパンツでしめてるかっこいいコーデは、
ひらひらスカートで出社しちゃう私とは対照的。
けど、会社のこととか、近況を話しあうと、
久しぶりなのに久しぶりじゃない空気を簡単に取り戻せる。
フィールドは違えど、お互い社会人頑張ってるんだよねって。

そして午後からは同期仲良し三人で女の子Cafeタイム♪
、、、のはずが、一人は具合悪くなって欠席でした(T_T)
でも、予定どおり、銀座のタルトやさん、キルフェボンへ向かいます。
さすが人気のこのお店、2時に覗いたとき、すでにイートイン80分待ち。
店内は電車でいうと乗車率120%くらい?
人混みの隙間から覗いたショーケースのなかは、色とりどりのフルーツタルト。
見てるだけで女の子ならときめいちゃうこと間違いなし☆
はやる気持を押さえつつ一旦店を出て、銀座のラストバーゲンをぶらぶらしながら時間つぶししてたら、
あっという間に時間が過ぎてました。
迷いつつなんとかお店に戻ると、お客さんはさっきよりもさらに増えてる!乗車率150%?
さらに10分くらい待ってようやく席に案内されました。
当然期待は最高潮。
お店の雰囲気はそんなに高級な感じじゃない。
テーブルも椅子も使い込まれた感じで、町のちょっとしたカフェといったところ。
私たちはオリジナルブレンドティーをオーダー。
ケーキの注文は先にしておいたけどすぐには出て来なかった。
まわりを見渡すと席は全部で15テーブルくらいかな?
みなさんお茶を飲みながらゆったり味わってるから、回転もゆっくりになるはずだわ。
お喋りしながら待つことしばらく。
現れたケーキが写真の苺タルトです♪
苺もタルト生地も美味しい~!甘さが絶妙!
紅茶もケーキに合うほどよい香り、苦さ。
お喋りも弾みます♪
新妻さんである彼女から新生活の話を聞いて、私も幸せオーラをいっぱいもらえました。

欲を言えば、このくらいの味、お値段だったら並ばずに入れればいいのにな~と思うけど(^_^;)
けど、のんびりできる午後に、気の置けない友達とくつろぐにはいいかも。

ちなみに、出るときには混雑レベル200%という状態でした。
テイクアウトさえ一時間待ち。
なんでこんなにかかるの?と思ったけど、
旦那さんにお土産買ってた友達に、ケーキの箱を見せてもらってちょっと納得。
シンプルだけどちゃんとかわいい。
これは女の子のツボだなぁ。
途切れないお客さんたちを見て、なんだかしょうがないなぁと笑っちゃう私たちでした。

ちなみに、キルフェボンとは、「なんていい陽気なんだろう」という意味らしいです。
キルフェボンオフィシャルページ
[PR]
by suzumecco | 2007-01-21 17:40 | dialy
<< 赤いくつ 脱走 >>