かえるの話 7/18
a0010667_058824.jpg祖父の家の周りは田んぼに囲まれていて、とても長閑な田舎の風景がひろがっています。アマガエルもいるし、小動物の数は都会の比じゃありません。秋に行ったときは一面金いろの稲穂がさわさわいっていて、本当に美しかった。美しいって普段は使わないけれど、ここは使うところだなっと思ったくらいです。今回はまだ青々とした稲。愛犬と一緒にあぜ道をどこまでも歩いていくと、空は高くて、空気は澄んでいて、建物がないからずっと遠くまで見渡せて、とてもとても気持ちが良かった。土手を越えてじゃぶじゃぶ川を渡ってみたりもしました。宮川と言うその川は日本でも5本の指に入るくらい水がきれいらしいです。泳ぐ魚も見えて、犬と一緒に幼児還りしてはしゃいでしまった(笑)友達がいたらいいのにな、誰かを連れてきたいな、といつも思っていましたが、日常から切り離されたこの場所・時間を大切にしたいなぁと思いました。昔も今も変わらずここでは家族と祖父母だけ。インターネットもないし、気を散らすもの場所はない。だからいつもよりずっと家族との会話にも、考え事にも集中できます。そういえば前2回来た時はどちらも失恋直後だったから、心ここにあらずだったんですが(苦笑)、今回は気持ちに余裕があるぶん感じるものが違った気がします。

肝心の祖父の具合ですが、思ったよりずっと元気だったです。食欲がないらしくやつれた感はありましたが、相変わらず優しくて、とても気がまわるひとで、考え方もしっかりしています。祖母によると、私たちが来た事で別人のように「しゃきっとした」らしいです。「ふだんはほんとに寝ている事が多くなって、心配だったけど、よかったわ」その言葉を聞いて、来て良かったなと思いました。電話でも話したけど、私の就職報告もして、とても喜んでもらえました。
孫の顔が見れるといいなあ、と言われましたが、正直まだまだ先になるかと思います(苦笑)祖父母には絶対長生きしてもらわないと!遠くに住んでいるためにあまり孝行できませんが、こうして会いにいく、それだけで元気になってもらえるなら、できるかぎりこれからも行こうと思っています。
[PR]
by suzumecco | 2004-07-21 01:22 | dialy
<< 祖父の法事 花火 7/17 >>