Laurie's Party
a0010667_9455024.jpg昨日は去年スタンフォード語学研修の引率でお世話になった、SFCのLAurie先生のお宅のホームパーティに呼んでいただきました。
静かな住宅地の一角にあるお宅は環境抜群で、すごく暮らしやすそう。優しそうなだんなさまと、目がパッチリしてとっても美男子のKaiくんと、絵に描いたような幸せな家庭でした。
(写真は私の服の紐と戯れるKai君→)

子供部屋のかわいいデコレーション、たくさんのぬいぐるみがご両親の愛情に溢れていて、切り取って飾っておきたいくらい素敵な空間です。
アメリカンなバーベキューパーティ。バーガーやホットドック、サラダやチップスといったラインアップは本当にあのころを思い出させます。たった一年前なのに、ずいぶんと昔のような気がする。そういえば、忙しさに追われて疎遠になってしまった友達もいる。また連絡を取ってみたくなりました。



a0010667_961640.jpgローリーとKai君
a0010667_935221.jpgチョコブラウニー。向こうで食べたチョコを使ってる。アメリカンな味☆
a0010667_942615.jpgウッドデッキでしゃぼんだま


そうそう、パーティが終わってから、同じ電車だったNellと渋谷をぶらぶら歩いた。2ヶ月前から来日していたのに、会うのは今日がはじめて。帰国までにまた遊ぼう、と約束。
ローリーのうちで、一緒に買い物をしている間、あとお茶したとき、、、将来のこととか、恋愛のこととか、価値観だとか、彼女と今までになくいろいろなことを話せて本当によかった。英語だと素直に自分の気持ちが話せることに気づく。結局私、今にちっとも満足してない。

あ、「国際関係」を勉強しているのになぜ、仕事はマーケティングなの?と聞かれたとき、正直うまく答えられなかった。語学を勉強している彼女は、なぜ日本では専門とぜんぜん関係ない分野で働くのか解せないらしい。私は今さらながらマーケティングや統計学をほとんど独学で勉強しているけれど、専門でやってきたひとには到底かなわない。知識だけじゃない、考え方を身につけなきゃ、それは働き出してからだ、とは思うけど、それも甘いのかも。
おととい懇談会で技術系のひとたちと話をして、彼らの知識はすぐに仕事に生かせるかもしれないけれど、私はいまアイデア頼りだなぁと思った。グループワークでもその差は歴然だったし。今だけかもしれないけれど、事務系の飲みではほとんど仕事の話が出てこないわけもここにあるのかもしれない。そういう話をしたいけど、夢語りになるだろうなぁ。もらった冊子を読んでみる。ここから何かが生まれるきっかけを探してみよう。
[PR]
by suzumecco | 2004-08-02 09:33 | dialy
<< ただいま東京湾 すごい人たち >>