小江戸探索(追加ver)
女三人で小江戸、川越を散策。
蔵作りの街をのんびり歩いて、精神のリフレッシュです。

駅前の観光案内所で、おじさんとおしゃべり。
なんだかとっても花が咲いて、おじさんの息子さん(神主で独身らしい)までなえか紹介されてしまった(笑)話ずきの親切なおじさんでした。
おいしいうどんやさんを紹介してもらって、バスに乗って、蔵作りの街へ。
ちいさな小道をはいったところにあるうどんやさんは、お醤油やさん直営。
小道を眺めるカウンター席で頂いた、うどんや、お醤油の味が効いてて、とっても美味。

a0010667_1632368.jpgぶらぶら歩いていて見つけたのは、ずっと昔から続いていそうな、喫茶店。
建物そのものが情緒溢れていて、なごむのです。
ついついパチリ。


a0010667_2114210.jpg縁結びの神様らしい。
入り口にツボ押しの小道。ご近所のおばあちゃん(?)に混じって裸足で歩く。
うう、痛い。健康に気をつけなきゃってことかしら?
お賽銭を入れて、なにやら難しい文句を三回。
うまく言うのに必死で、お祈りどころじゃなかった(笑)


a0010667_2115958.jpgオープンカフェの足もとにあったのは、ちょっとオシャレな猫のオブジェ。
鉄板で出来てるみたい。
面白い顔だなぁ。うちの犬も面白い顔してるけど、そういう子ってなんだか妙に愛着沸くのよね。


a0010667_16323694.jpg人力車いっぱい!
威勢のいい声に、どんより天気も晴れていきそう。
それもひとつの人生!



それから、川越市立博物館。行く途中とにかく眠い。
濡れせんべいを食べながら、喉がかわいてお茶を飲みつつ、ひとやすみ。
そこが眠気のピークでした。
あんまりのんびり、リラックスできたから、歩きながら眠くなる・・・。
博物館では、お菓子の道具企画展と、常設展を見学。
川越の歴史をジオラマ、映像資料、模型、展示品などさまざまな見せ方で紹介している。
すごくキレイだし、内庭もあって情緒も味わえる。とってもいい博物館でした。
(ただし、あんまり眠かったので、展示質のきもちのいいイスと伝統工芸品ちっくな座布団にお世話になって、すこし惰眠を貪ってしまった)

それから、川越城本丸跡を訪問。
ただのお屋敷~?と一瞬幻滅したけど、パンフレットを読んで納得。
昔は現在の市役所のあたりから、川越高校のあたりまでぜんぶお堀に囲まれた屋敷だったとのこと。
今ではほとんど解体されて、門と家老詰所の本丸だけが移築されて資料館となっているらしい。
そんな母屋の縁側に3人ならんでのんびり庭を眺める。
せみの鳴き声。涼しい風。気持ちいい~~~。

a0010667_2111258.jpg最後にお茶したいね、と寄ったのは、
かわいい雑貨屋さんの上にひっそりとあった喫茶店。
席はすこし。壁には常連さんのコーヒーチケットが留まってる。
手づくりガラスには、かわいい蕾をつけたなにかの一枝が揺れて、
気だるいジャズをBGMに、時間がゆっくり流れていく。
Kちゃんが頼んだ、お店の名をもつあんみつは、とってもおいしそうだった☆


a0010667_2112597.jpgちなみに私は抹茶フロート。
ほんとの抹茶ミルクだから、甘味はシロップで調節。
おいしーーい!
のんびり雰囲気に一日の疲れを癒されて、ついでに夢がたりも始まっちゃった。
3年後、5年後、、、わたしたちはどうなっているのかな?
[PR]
by suzumecco | 2004-08-17 16:32 | dialy
<< マンボウ食べました@池袋「春木屋」 8/16 池袋探索 >>