<   2004年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧
旅の準備
明日からタイに行ってきますー 。
初めての東南アジア。うきうき。
オンナ二人だから、いろいろ心配だから、
旅慣れたひとにいろいろアドバイスをもらおうと、聞いてまわったんだけど、
予想以上にたくさんのひとがタイに行ってて、びっくりした。

とりあえず私たちの旅は、
バンコクで食い倒れして、
アユタヤの遺跡見て、
パタヤのビーチでお魚と泳ぐ♪

でも、一番の目玉はシリラート病院の博物館☆
そうとうエグそうだけど、一緒に行く人との一番の目当てなので。

http://home.att.ne.jp/gold/khaosan/museum.html
http://www001.upp.so-net.ne.jp/psychic/psychic/kikoh/siriraj/
http://homepage1.nifty.com/cluricaune/thailand/siriraj.html

ううう、検索かけて見たらかなり(うぇぇっ)
私ホラーもお化け屋敷もダメなんですが、耐えられるのかな・・(泣)
[PR]
by suzumecco | 2004-08-29 03:14 | Thailand
タバコ談議
いけないってわかってるけど、やめられないことってたくさんあるだろうけど、タバコはそのなかでもかなりポピュラーだろう。
私自身はタバコ吸わない。昔は苦手通り越してキライだった。
煙がダメ、匂いがダメ、しつこいくらいに「健康に悪い」って教育されてきたこともあるし。
女子高で、大学入るまで周りにスモーカーがいなかったことからも、
「タバコは悪い人が吸うもの」っていう固定観念があったみたいだ。

友達の中に、スモーカーがいるようになって、やっぱり苦手は苦手だったけど、もちろん彼らが必ずしも悪い奴ってわけじゃないことに気付いた。「お腹がすいたら煙草で紛らわすの。お金がなくても煙草だけはやめられないから、何日も食べてない・・・」って情けない顔して言う子もいて、なんだか微笑ましくなってしまった。
そうなると、興味の方向は、私と同じで「煙草はいけない」ってしつこく言われて育った彼らが、なんで吸うのかってこと。まぁ、「興味本位ではじめたら、やめられなくなった」って言うのがたいていの答えなんだけど。
さらに「やめたいの?」って聞くと、いろいろな答えが返ってきておもしろい。
「結婚して子供が出来たらやめるよ」なんて良いパパ予備軍きどってる子とか、
(でも妊婦に煙草はもっともよくないのよー)
「吸わないとイライラしてまわりに迷惑かけるから、吸った方がみんなも喜ぶ」なんて子もいた(おいおい)。
だいたいは、真剣にやめる気なんてなく、やめたとしても、割とすぐまた吸ってる。
女の子でもカッコよく吸う子もいる。まぁ真似したいとは思わないけど。
でも、煙草の吸い方にその人柄がでるなーと思い始めたのもこのころ。
煙がこちらにこないように自然と気をつかってくれる人や、
吸う前に「いい?」ってひとこと声かけてくれる人は、
他の面でもすごく気が回って、きちんとしたやりとりが出来るひとだったりする。
まぁ、そういうひとのおかげで、自分が煙草に対して寛容になれたのかもしれないけど。
煙まみれにしても平然としてるひとは、やっぱりよくて豪快、悪くて自己中心的。
うーん、偏見だろうなぁ。
とりあえず、煙草は個人のアイデンティティーみたいなもので、
一方的に否定するべきではないなぁと、最近思うようになったのです。
でも、ウタダのfirst loveみたいに、キスが煙草の味だったら嫌かも(笑)

煙草についての記事でとてもよいものがあったので、載せておきます。
吸う人、吸わない人、やめたい人、擁護したい人などなど、
いろいろなひとの意見が載っていますので、是非ご一読を!

■トラバ元
ハリーさんとタバコ(まとめ)
[PR]
by suzumecco | 2004-08-29 02:59
msnあそび
a0010667_152835.gif実はmsnメッセンジャーでこんなお絵かきができます!
さっきまでkelly(ちなみに左側の女の子。となりは彼女の犬のつもり)とずっとおしゃべりしながらお絵かき交換していました。海を越えて、こんな風に盛り上げれるなんて、ステキ。楽しいなぁ。

指マウスでかくから、線がぐにょぐにょになってしまうのだけど、そこがまたイイ気がしてくる。
なんだか楽天的~~。
私、絵を描いたり、ホームページ考えたり、そういう「創る」ことがとことん好きだなぁて気づいた。たいしてセンスないかもしれないけど、なんだかのめりこんでしまう。誰かと一緒にできたら、なおさら楽しい。ますます時間を忘れてハマっちゃう。
ちょっと原点に返って「スキ」に夢中になってしまおうかなーと画策中・・・。

☆追加☆
ちなみに、いろいろな人にやり方を聞かれたので、URLを載せておきます。
http://messenger.s7.xrea.com/f_report01.html
このサイトを参照にしてみてね。
[PR]
by suzumecco | 2004-08-26 01:19
ムンクの叫び
a0010667_22524088.jpg盗まれちゃったみたいです。あらら。
ちなみに、こういう有名な名画の強奪は人質といっしょ。身代金目的の誘拐みたいです。
そりゃ、おおっぴらに売ることできませんものね。

この絵の価値はいくらくらい?とやたらとマスコミは騒いでいます。ほしいひとはたくさんいるから50億?とか、もっと、とか。
なんだかなぁ。

私は絵を描くのも見るのも好きだけど、「名画」と呼ばれる一部の作品が、とんでもない高値で売り買いされているのには違和感を感じています。
優れた作品が優れた評価を得るのは当然。
その作者が正当な報奨を得るのも当然。
だから値段が高くなるのはしょうがないんだけど、「価値の高いもの」で「その高さはいくらが妥当なのか、決めがたいもの」ってことで、お金持ちにとっては、いい財産なんでしょうね、
バブルの時、市場価値の何倍っていう値段で、日本の財界人は名画を買いこみました。
彼らはそれをリビングや書斎にかざるのにいいな、と買ったわけでもなく、
美術館におさめて、ひろく人々に名画を鑑賞する機会を与えようと考えるのでもなく、
ただ、財産として、、、税金対策か、自己満足か、のために、コレクションしたようです。
そうしてしまいこまれた作品たちがかわいそう・・・。

さて、件のムンクの「叫び」こっそり買う人がいたら、それこそ本当にその絵がダイスキなんでしょうか。誰にも自慢できないし、売れないから財産価値ないだろうし。
だったら絵も本望?なんて(笑)
[PR]
by suzumecco | 2004-08-23 23:03 | news
写生
a0010667_22201141.jpga0010667_22201161.jpg

描き始め→完成間近

ひさしぶりに別所沼でお絵かきしてみました。
あいにくの天気だったけど、3時間集中して、なんとか完成!

描きはじめると、また絵を見たくなる。
絵を見ると、自分も描きたくなる。

やっぱり。油彩画ダイスキ☆
また描きましょうね~!!!(私信)
[PR]
by suzumecco | 2004-08-23 22:18 | dialy
今日のおいしいもの
a0010667_2443473.jpga0010667_2443495.jpga0010667_2443483.jpg


左から、じゃがいもの蛸揚げ(もっちり美味)、シソのさつま揚げ(さっぱり美味)、黒豚の唐揚げ(しっとり美味)。

おばあちゃんは思ったより元気そうでした。
突然病院にあらわれた私たちを見て、はじめは目を丸くしてたけど、「わざわざ来てくれたの――」と顔をくしゃくしゃにして喜んでくれました。
まだ歩行機をつかっていて、ずっしり重い感じは残っているけれど、痛みはほとんどひいたみたい。
ただ、生まれて初めてショートカットにして(たぶん介護し易いように)、大好きなワンピースをきられないのがショックみたい。おとめちっくなおばあちゃんです(笑)
おじいちゃんも毎日お見舞いに行っているみたい。なかよしでいいなあ。
おばあちゃんのいない家は荒れ放題で、母と二人で掃除して片付けました。
行く前はいろいろ考えてしまったけど、やっぱり行ってよかった。
[PR]
by suzumecco | 2004-08-23 02:42 | food
帰省
明日から、また父の実家・伊勢に行く。
土曜の始発に乗って、新幹線、特急を駆使して5時間弱。
日曜の夜には関東に戻る。

意外と近いものだなぁと思うけど、行き帰りの電車と向こうでの移動に使うタクシー代を考えたら、大きな出費のはずだ。

これで何度目だろう?こうして強行スケジュールでの帰省は。

去年の夏に、祖母に続いて祖父を亡くしたから、両親・・・特に母親はなにかをとてもおそれている気がしてならない。
たぶん、肉親を「失う」ことなのかもしれないし、もっと言うと、そのときが来たとき、「何も出来なかった」という自責の念を回避しようと必死になっているようにも見える 。(母方の祖父母はどちらもほとんど急死だったので、介護の大変さすら、私たちはほとんどさせてもらえなかった)
少し前に父方の祖母が入院した。
これまで、祖母は、具合が悪くほとんど一日中ぼんやり寝ているだけだった祖父を支えていた。
遠く離れてすんでいる私たちには電話で様子を聞くしかなく、「なにか必要なことがあれば」と聞いてもただ「だいじょうぶ、しんぱいしなくていいよ」としか言わない祖父母に、余計に心配な気持ちをつのらせていた。

実際に行って、様子を見るしかない。


母の気持ちは決まった。仕事の都合で今回は行けない父に代わって、私も一緒に行くことになった。
しかも、事前に言うと、気を遣って寿司をとったり迎えに来てくれたり無理をさせてしまうので、何も言わずに訪れよう、ということになった。

ただ、正直、今回の帰省(正確には私と母が行くんじゃ帰省とは言わないのかしら)にはちょっと抵抗がある。
たった一月前に行ったばかりなのに、遠くからほとんど日帰りでお見舞いに行くなんて、無理しているのが見え見えだし、余計におばあちゃんに心配させてしまうんじゃないかってこと。
あとは、はじめに書いた様に、なんだか母が焦っているように見えるのだ。

心配だし、顔を見たいし、私たちの顔を見たら元気になってくれるかもしれない。
それは母や私たちの願いだし、いろんな予定をキャンセルして(もちろん私にもキャンセルさせて)「おばあちゃんのお見舞いに行こう」って言った母は、とてもやさしくて、親孝行(義理の親だけど)なんだと思う。それを誇らしく思う一方で、なんだか、もやもやしたものがあるのだ。

ああ、でも、本当は、私がただ嫌なのだ。
・・・たぶん、私は認めたくないんだ。
祖父母の体が衰えつつあること。
こうやって「会いにいく」ことが永遠に続くわけじゃないことを。
幼いころは、ただ無邪気に祖父母に会えることを楽しみにしていた愉快な帰省が、
いつのまにか、切実なものとなってしまった。
そのことが、たまらなく私を不安にさせる。

いま、書いてしまって、なんだかからだがヒューっと寒くなった。
大切な人がいつかいなくなるなんてことは考えたくない。幼いけど切実な葛藤。
[PR]
by suzumecco | 2004-08-20 18:59 | dialy
マンボウ食べました@池袋「春木屋」
高校時代の友達とひさしぶりに会ってきました。
お店はhotpepperで適当に見つけた焼酎&バー「春木屋」ってお店。
入り口に滝と金魚の池があって、洞窟を進んだところに大きな扉。
なかは、溺れる魚のIZAMがいた部屋みたいな感じ。
熱帯魚が泳いでいる水槽、泡が吹き出す水槽が壁になってて、
家具はなにやら有名なデザイナーのものらしい。サイケでpop。でも落ち着いてていい感じ。
音楽がちょっとうるさかったのが難点・・でも席が広いからとってもゆったりできました。
料理は馬とか鹿とか(馬鹿ってことじゃないけど)、いのししとか、カンガルーとか、かえるとか・・・とにかく妙なものがいっぱい。味はふつーに良い!盛り付けキレイ。量は少なめかなー。おなか空いてるときは、予算は多めに考えておきましょう。

で、オススメ料理をしょうかーい!

a0010667_22363596.jpgマンボウのたたき。
ふつうにおいしーーい!
赤身と白身のまんなかみたいな食感。味はマグロみたい。
サンシャイン水族館で大事そうに飼育されていたのを思い出す。
食べていいものなのかなぁ。


a0010667_22363534.jpgマンゴープリン
ブルーベリーのソースがかかってる。
なにげにマンゴーに凄く合います。おいしーー☆


友達とはひさしぶり(たぶん1年くらいぶり)に会うのにぜんぜんそんな感じじゃなかった。
実はこの間も高校の友達と3年ぶりに会ったけど、すぐにあのころの感覚に戻れた。
やっぱりね、高校時代ってホントトクベツだったんですよ。
すごく素だった。そのころの自分も、友達も大スキって自信もって言える感じ。
だから会うとすーと戻れて、昨日まで毎日会ってたみたいな感覚で話せます。
不思議で、楽しい。幸せ空間!
[PR]
by suzumecco | 2004-08-18 22:34 | food
小江戸探索(追加ver)
女三人で小江戸、川越を散策。
蔵作りの街をのんびり歩いて、精神のリフレッシュです。

駅前の観光案内所で、おじさんとおしゃべり。
なんだかとっても花が咲いて、おじさんの息子さん(神主で独身らしい)までなえか紹介されてしまった(笑)話ずきの親切なおじさんでした。
おいしいうどんやさんを紹介してもらって、バスに乗って、蔵作りの街へ。
ちいさな小道をはいったところにあるうどんやさんは、お醤油やさん直営。
小道を眺めるカウンター席で頂いた、うどんや、お醤油の味が効いてて、とっても美味。

a0010667_1632368.jpgぶらぶら歩いていて見つけたのは、ずっと昔から続いていそうな、喫茶店。
建物そのものが情緒溢れていて、なごむのです。
ついついパチリ。


a0010667_2114210.jpg縁結びの神様らしい。
入り口にツボ押しの小道。ご近所のおばあちゃん(?)に混じって裸足で歩く。
うう、痛い。健康に気をつけなきゃってことかしら?
お賽銭を入れて、なにやら難しい文句を三回。
うまく言うのに必死で、お祈りどころじゃなかった(笑)


a0010667_2115958.jpgオープンカフェの足もとにあったのは、ちょっとオシャレな猫のオブジェ。
鉄板で出来てるみたい。
面白い顔だなぁ。うちの犬も面白い顔してるけど、そういう子ってなんだか妙に愛着沸くのよね。


a0010667_16323694.jpg人力車いっぱい!
威勢のいい声に、どんより天気も晴れていきそう。
それもひとつの人生!



それから、川越市立博物館。行く途中とにかく眠い。
濡れせんべいを食べながら、喉がかわいてお茶を飲みつつ、ひとやすみ。
そこが眠気のピークでした。
あんまりのんびり、リラックスできたから、歩きながら眠くなる・・・。
博物館では、お菓子の道具企画展と、常設展を見学。
川越の歴史をジオラマ、映像資料、模型、展示品などさまざまな見せ方で紹介している。
すごくキレイだし、内庭もあって情緒も味わえる。とってもいい博物館でした。
(ただし、あんまり眠かったので、展示質のきもちのいいイスと伝統工芸品ちっくな座布団にお世話になって、すこし惰眠を貪ってしまった)

それから、川越城本丸跡を訪問。
ただのお屋敷~?と一瞬幻滅したけど、パンフレットを読んで納得。
昔は現在の市役所のあたりから、川越高校のあたりまでぜんぶお堀に囲まれた屋敷だったとのこと。
今ではほとんど解体されて、門と家老詰所の本丸だけが移築されて資料館となっているらしい。
そんな母屋の縁側に3人ならんでのんびり庭を眺める。
せみの鳴き声。涼しい風。気持ちいい~~~。

a0010667_2111258.jpg最後にお茶したいね、と寄ったのは、
かわいい雑貨屋さんの上にひっそりとあった喫茶店。
席はすこし。壁には常連さんのコーヒーチケットが留まってる。
手づくりガラスには、かわいい蕾をつけたなにかの一枝が揺れて、
気だるいジャズをBGMに、時間がゆっくり流れていく。
Kちゃんが頼んだ、お店の名をもつあんみつは、とってもおいしそうだった☆


a0010667_2112597.jpgちなみに私は抹茶フロート。
ほんとの抹茶ミルクだから、甘味はシロップで調節。
おいしーーい!
のんびり雰囲気に一日の疲れを癒されて、ついでに夢がたりも始まっちゃった。
3年後、5年後、、、わたしたちはどうなっているのかな?
[PR]
by suzumecco | 2004-08-17 16:32 | dialy
8/16 池袋探索
今週末で帰国してしまう台湾の友達Nちゃんと、会える最後のチャンス!
というわけで急遽池袋ツアーを企画した。

ナンジャタウンで、ギョウザを食べたり、いろいろなアイスにチャレンジしたり、大満足です。
もののけ横丁では、かまいたちのアトラクションを体験。
塔の下にアタマを突っ込んで、「かまいたち!」と叫ぶと、なにかが起こるという。
じゃんけんで負けたNとふたりして叫ぶこと数回。
・・・なにも起きないじゃん・・・と私がアタマを出したとき、
「ひゅーどろどろどろどろ・・・・・・・・」といかにもな音。そして、
ガシュアーーン!!!あるものが落ちてきた!Nびっくり。まわりもびっくり!
無料アトラクションなので、行く人は探して見てね。

あと、シュークリームの広場ではキューピットの占い。
ぎゅっと手を合わせて待つと・・・
「あなたたちにはおわりが見えましゅー」
シューってなに。しかも、ズバリいいすぎ・・・・なぜかNちゃんオオウケ。

あと、一番盛り上がったのは、アイスです。
はじめはのびーるトルコアイスから順調にスタートしたのだけど、
せっかくだから、と調子に乗って、ゲテモノ系アイスにみんな次々チャレンジ。
その評価は以下のとおり・・・

a0010667_23175555.jpg味噌ラーメン味アイス
ナルト&メンマつき。みそつぶがいっぱい入ってます。でも基本はバニラ。
甘くて、塩辛い、味噌くさい、ビミョーな味。
これはなんとかがんばって完食。
とりあえず食べられる。

a0010667_23175522.jpg納豆味アイス
空けた瞬間納豆の匂いが周囲を舞う。
ゆずの風味と、納豆くささ、あとねばねばで異様な味。
4人でなんとか3分の一食べて、ゴメナサイでした。


a0010667_23175519.jpg唐辛子味スパイシーアイス
甘い。そのあとものすごーく辛い。
なんていうか、アジアンな甘辛さ。でも辛さが半端失なくて、むせる。
でも甘いから気持ち悪い。ほんのちょっとずつしか食べられない。
ほとんど減らずにこちらもゴミ箱行き。
合掌。


なんだか細かいところまでくだらないしかけが目いっぱいで、予想以上に楽しめました。
ただ「古きよき日本」を説明するのに、私の英語力では足りない感じ・・。
夜はお好み焼き&もんじゃ屋さんでまったり。
そのときも、繊細な話になると、英語がたりないばっかりに、うまく自分のいいたい事が表現できない・・・。すごく悔しいと思ったし、なんだかとても情けなかった。
次に会うときまでには、もっと英語力つけなきゃなぁと決意。

でも「会えてよかった」って心からの言葉をもらえて私も幸せ。
[PR]
by suzumecco | 2004-08-16 23:19 | dialy