<   2004年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧
大正時代祭り
与野の大正時代祭りのメイン、仮装パレードに参加してきました。
今年で二回目。きっかけはKちゃんに誘われ・・・だったけど、私自身かなりハマってます

予定日予備日ともに雨の予報・・・のため、土曜日に冷たい雨の中決行。
鹿鳴館の黄色いドレスに身を包み、おでんとか甘酒とかで身体をあっためつつ、
ぶるぶるしながら、ご近所のみなさんや、アマチュアカメラマンさんに愛想ふりまきました。
私、がんばった。でも痛かった(いろんな意味で!)(笑)

やっぱり、参加者がお互いに写真とりあうのが一番楽しかったですね。
演技派も、マニアも、ふつーにかわいい子も、とりあえずなんでも揃ってます(笑)
軍人さん役のひとに、なんだかえっちぃ(?)ポーズ取らされて、あわわ・・・だったり(^^;)
女の子ってみんな変身願望強いのかも??(とまとめてみる)

<<写真追加>>
a0010667_21083.jpg

お子様たちと一緒(左) Kちゃん見返り美人図(右)
[PR]
by suzumecco | 2004-10-30 23:50 | dialy
たったひとつのたからもの
a0010667_1505674.jpg昨日、たったひとつのたからものというドラマを見ました。
右の写真に見覚えのある方は多いと思いますが、
明治生命のTVCM一時期話題になった、秋雪くんの物語です。

実は、私は偶然この宣伝用のメイキング特番を偶然見ていて、
秋雪君役の翼君のかわいらしさ、いじらしさ、
お母さんの深い理解と愛情に胸を打たれました。

そう、この物語は、決して泣かせる為の悲しい話ではありません。
秋雪くんも、翼君も、めいっぱい愛されていて、幸せそのものです。
息子を愛しているお母さんの目線も優しい。
秋雪君がうつるファインダーの手前に、お母さんの愛情を感じるし、
翼君を、キー局ドラマの主演に送り出したお母さんの勇気、サポートも心に染みます。
障害の有無よりも、愛情の深さが、人生の豊さとか、幸せを決める気がしました。
母と見ていたのですが、母はドラマの中の母親の愛情と、
自分の子供たちへの愛情を重ねて、涙していました。(母はとても涙もろいんです)

私も、これまで両親から受けてきた愛情を疑ったことはありません。
私が、どんな辛いことが起きても、自分を幸せだと思えるのは、
これまで両親から受けてきたゆるぎない愛情と信頼のおかげなのでしょう。
とてもむねがいっぱいになりました。

作中、障害児のわが子に「あなたをたべちゃいたいくらいかわいい」と言った母に、
子供が「ぼくを食べていいよ。そして、今度は障害のない子供を産んで」と答えた、
というエピソードを語るシーンがありました。
母親は「そんなふうに子供を追い詰めたいたんだ」と自分を責めます。
そんなエピソードを聞いた別の母親は、
「ちがうよ。きっとその子は、食べちゃいたいくらい可愛いと言ってくれるお母さんが大好きで、
嬉しくて、ただそれを伝えたかったのよ」と確信もって伝えるのです。
ここだけはちょうど運転中で画面を見れなかったけれど、
なんだか耳だけでじーんときてしまいました。

キレイゴトだけじゃないのも分かります。分かっているつもりでしかないとおもうけど。
この間、障害をもった子供を持つ親子のためにボーリング大会を開くボランティアに参加しました。
私が担当した小学校3年生の女の子は、見た目は普通のかわいい子だけど、
言葉がきちんと話せないのと、身体もその学年にしてはとても小柄。
触れ合って、言葉をかけて、投げ方を教えて、褒めたり一緒に喜んだり、
打ち溶けるのにとても時間がかかったけど、、ようやく笑ってもらえるようになった・・・
でも、だんだんボーリングに飽きて、それでも自分の順番になるとやらされることに癇癪を起こし、結局早退させることになってしまいました。
他にも、最後まで楽しめなかった子は数人いました。
彼らのペースに合わせられなかったことがとても残念だったし、
たった一日では心を開いてもらえない。
ただ一緒に遊ぶことがこんなに難しい、と気付きました。
でも、実際彼らは可愛かったし、
一緒に頑張ってできたときの感動は言葉にあらわせないくらい。
そして、支えるお母さん、お父さんたちの愛情をすごく感じました。
それはとても心地よくて、なんだか癒されてしまった。

愛情って?
幸せって?
障害って?

すごく自然に考え直すきっかけをくれた素敵なドラマでした。

秋雪君本人の写真↓
「たったひとつのたからもの-懸命」篇
「たったひとつのたからもの-友達」篇

このエピソードを元にした授業を展開している先生もいらっしゃるようです↓
人の幸せは命の長さではない
[PR]
by suzumecco | 2004-10-28 02:21 | movie
キャリア換え~
土曜、バイトでど○もの携帯電話の価格調査二回目。
店員さんの適当に会話を交わしながら指定機種の価格をメモるのだけど、
なぜだか、ぼーだの某機種を勧められた。
実はそれ、友達の欲しがってた機種。
彼女のために値段を聞いておこうと目を向けただけなのに、一気にセールストーク。
いやねー、別にどうでもいいんだけどね。まぁ怪しまれない程度にあいうち・・・

のはずが。

「これね、ど○ものS社のよりも、画面きれいですよ」
「カメラ光学2倍ついてますし」
「ディズニーモードついてますよ」←決め手。

「いいかもーーーー!!!(きらきら)」

デザインがケータイっていうより、デジカメっぽい。
今ちっちゃいデジカメが欲しくて、ケイタイもぼろぼろで変えたくて、
気分的にもまだ落ち込んだりすることが多かったから、
「ケータイかえると気分転換にいいよ♪」って別の友達の言葉も頭をよぎってた。
そんなわけで、なんだかすごーく魅力的に映ってしまったそのケータイ。

バイトでいくつもケータイショップを巡ってたら、
何度も目に付くのはそればかり。
頭の中はその子でいっぱい。
これはもしや恋?!コイゴコロ?!!(違)

バイトが終わって地元に戻って、ふらふらと寄った電気屋さんで、
店員さん(キャンギャル)を捕まえて、いろいろ質問して、見本品をいろいろいじってみる。
このキャンギャル、何を聞いてもすぐ答えられない。いらいらする。
私「メニューの色やなんですけど、これかえられますよね?」
ギャル「はいもちろん!(はあと)ちょっとまってくださいね」
(かちかちかちかち・・・)
(いじること十数分)
私「ないならないでいいですよ(そしたらいらないけど)」
ギャル「おかしいですねー。あるんですけど、説明書ないからわかんないですねー」
私「あ、じゃあもう一点、カメラのズーム、スムースに動きますよね、試していいですか」
ギャル「はい☆」
(カチカチカチカチ)
(さらに数分経過)
ギャル「あれーー?これ見本品だから機能制限されてるのかなー」
私「・・・あ、もういいですよ。(笑顔。内心切れ気味)」
結局聞いたことはほとんど答えられないOR数分待たされる状態で問答を続け、1時間。
でも、ほしい。
ああでも、いまさらぼーだってどうよ?
いや、むしろネタ的におもしろいか・・?
ハッピーボーナスって2年割りじゃん。そんな続けるかわかんないわ。
でもまぁいやなら解約するし。
ればいいや。もしくは母にプレゼント(勝手)
あああ、もういいや、この子連れてかえる!!!!

「買います!」
・・・勢いで言っちゃった。

そんなわけで、来月からぼーだでございます。
料金、ショップの対応、メニュー・・・その他いろいろ不満はありますが、
その話は後ほど・・・。

p.s.
アドレス移転に手間取ってます。
順次新しい番号・アドレスを連絡しますので、お待ちください。
[PR]
by suzumecco | 2004-10-27 01:17 | dialy
プチ旅行だった日々(3)
最終日。
もう選挙活動はできないので、学生は全員バザーのお手伝い。
私は担当になったタオル売り場で、贈答品のタオルを売りまくった。
声を出すことに抵抗が全くなくなってたので、かなりいい調子。

途中、人手が欲しいと事務所の手伝いに呼ばれる。
先生自らマイカーで出迎えてくれて、ひさしぶりに話す。
いつもの穏やかな顔。ノーネクタイ。いつもの先生にほっとする。
捨て子をしてしまって申し分けないと思ってたのに、こんなに来てもらえるなんて、
と、感謝の言葉をくれた。そして本音もちらり。本気は本気。

再びバザー会場に戻ってからは、呼び込み。
ビラを撒いて、大声出して、街行く人を会場に誘う。
やってることは昨日までとほとんど同じ、とみんな結構楽しんでやってた。
5時にバザー終了。値下げされた中から、ダンボのぬいぐるみをGET。
同期飲みのとき取れなくて涙を飲んだ子。リベンジ?(今は一緒に寝てます☆)
最後に売上報告。結構いい感じ・・・らしい。
このお金が途上国に学校を作る。人々に希望を与える。
先生のやってきたことを受け継ぐ人たちの気概を誇りに思う。おこがましいけど。

それからまたみんなで銭湯。
途中トラブルがあって、着替えを後輩に持ってきてもらうことになって、
前々幹事長がパ○ツの位置を切れ気味でふてぶてしくでも必死に説明してるのが爆笑だった。
隣のコンビニで夕飯を買って済ませ、結果を聞きに会場へ。
広い会場はまわりの壁にポスターが敷き詰められ、中は報道陣でいっぱい。
開票速報をテレビで見ながら、配られたお菓子や寿司を食べてお茶を飲む。
出口調査では五分五分。みんな緊張しつつも、期待に胸を膨らませてた。
徐々に結果が表示される。
ため息と歓声。
緊張。


あるとき突然当確が出た。
これからだと思ってたとき。みんな呆然。


なんで?嘘?まだこれからじゃない?会場がざわめく。
私たちはだれもなにも言葉を発さなかった。
シャッターがいくつも切られ、無言で画面を見詰める私たちが撮られている。
その無情さに怒りをおぼえずにはいられなかった。

壇上では報告と謝罪の記者会見。
大きく頭を下げる先生のすがた。
泣く人々。友達。
私はただ現実を受け止められずにいた。

会場をあとにする私たちに、事務所のおばさん、指示だしをしてくれたおじさん、
先生の奥さん、支援者のおじいさんがつぎつぎ声をかける。
くやしなみだ、感謝のことば、強い決意、、、
にぎられた掌から多くのものが流れ込んできて、それをひとつひとつ受け止めた。

帰りの車は無言だった。

あまりここでは政治的なことを書けないが、理想と現実のギャップとても考えた。


その晩も飲み。
ここには書かないけれど、本音語りが出来て、すごくいい時間を過ごせた。


結果はザンネン。でもいい時間が過ごせた、とみんな口々に言った。
いいひとたちだった。いい仲間だ。
妙に晴れやかな気持ちになっているのは、「ひと」の魅力に触れられたからだろう。
[PR]
by suzumecco | 2004-10-20 01:54 | dialy
プチ旅行だった日々(2)
2日目、私は街宣カーの後続車で手振りの仕事をまかされた。
地元にいるときはずっと、意味ない、うるさい、と思って、無視を決め込んでた街宣車だけど、
自分が乗って手を振って見ると、伝えたいって強い気持ちがすごく分かってきた。
手を振り返してくれる人、わざわざ出てきて応援してくれる人がいるとたまらなく嬉しい。
無視する人もいるし、うるさいと顔をしかめるひともいる。それでもやらなきゃならない。
あちこち街を回った。ほとんど休み暇がない。
街頭演説で先生の顔を久しぶりに見た。すごくたくましい顔になってた。
いつもの穏やかな感じとまったく違う、本気の顔。違和感もあったけど、本気が伝わった。
後続車で手を振り続けて数時間。
2日間まともに寝てないこともあって、なんどかうとうとし、頭をぶつけた。
「だいじょうぶ?無理しないで」と言って下さる秘書の方の言葉に「大丈夫」を繰り返す。
実際は寝ぼけてやられちゃ困るってことなんだろうけど、ホント申し訳なかった。
夜はまた銭湯、飲み、語り明かし、と変らず。

明日はいよいよ投票日。結果が分かる。
どきどきした。
本気で当選して欲しいと思った。
[PR]
by suzumecco | 2004-10-20 01:29 | dialy
プチ旅行だった日々(1)
昨日新潟から帰ってきました。
毎日精一杯だった日々から日常に戻ってきて、なんだか呆けてしまいそうです。

応援に駆けつけたゼミ生は234年の現役とOB合わせて20人以上。
深夜ゼミの後そのまま高速に乗り一路新潟へ。
調子に乗ってどんどん飛ばす。カーレース状態。そうとう危ない。
安全運転をする人の車しかほとんど乗ったことなかったから、かなり怖かった。
でも、まぁ無事到着。道の駅に止めて、事務所が空くまで仮眠。
初日は電話かけ、町中でのビラまき、旗を持って練り歩き、街宣車で街を巡ったり、、、
叫びっぱなし、手を振りっぱなし。喉と腕がおかしくなりそ。
でも、楽しむことは忘れない。
スローガンを飲み会のコール風にアレンジして、盛り上がる馬鹿学生な自分たち。
その活気を必要としてくれてるらしい。調子にのってしまいそう。
本気で当選させようと頑張る事務所の人たちを見てると、切実になってくる。
「若い人たちが来てくれてほんと嬉しいわ」ってお手伝いのおばさんが言う。
こちらこそ、先生を支援してくれてありがとう、と思う。
みんな必死。
でもすごく気持ちいい雰囲気。
事務所ってこんな居心地いいんだ。
いや、先生の人柄が、そういう気持ちのいいひとたちを引きつけるのだろう。
用意してくれた新米でにぎったおにぎりを頬張りながら、ふと嬉しい気持ちになった。

もちろん、政治の汚い部分も見た。
先生の経歴に関する怪文書がばら撒かれてたらしい。
表紙には金正日と先生を並べて「あなたはこの二人を信じますか」の文字。
まるで同列視するかのような。
中身はこじつけの疑惑指摘。証拠に2ちゃんねるのコピペ。
あまりのレベルの低さにみんな笑うしかない。でも知らない人は騙されるだろう。
犯人と思われる人は以前に先生の支援を受けたこともある人らしい。
なのに、あまりにも汚い、と支援者のおばさんは本気でかなしんでいた。
ほかにもいろいろな汚いことがあったみたい。そんなものなんだろうか。

夜ごはんは事務所で頂き、学生はみんなで銭湯へ。
それから、先生の知りあいの方のおうちに宿泊。
その方のご家族とみんなで飲みにいき、子供たちと仲良くなる。
帰ってからも遅くまで飲み明かし、語り明かし。ほとんど合宿の延長だ。
布団に入ってすぐに眠りに落ちた。
肉体的な適度な疲れが、なんだか心地よかった。
[PR]
by suzumecco | 2004-10-20 01:28 | dialy
新潟出発
お世話になっている先生の選挙直前。
新聞によると、情勢は五分五分(ややリード)。
これは行くっきゃないでしょう!
ということで、今日から選挙&バザーの手伝いに行ってきます!

ちなみに、バザーというのも、この先生関係。
先生は市民NGOの元代表で、その活動資金調達のためのバザーなのです。
そのNGOでは毎年東南アジアに1校くらいずつ学校を建てています。
女性の職業学校や、障害者用の学校など、
「こども」に縛られず、途上国の発展につながる草の根活動をしているわけです。
理論詰の学者肌に見える先生ですが、地道な活動も成功されているのを知ると、
地方政治もうまくやっていくのではないかなーと期待しています。
今回、ボランティアの方も選挙に借り出されているため、とにかく人が足りない!
なので、私たちでもお役に立てるかなーと思っています。

選挙は、今週の日曜日が投票日。
もし、これを読んでいる方で、お知り合いに新潟の投票権持っている方がいましたら、
TG先生をよろしくお伝えください!

(私信)
Kちゃん!親戚のかたに、アピールしてもらえるとうれしいです!
[PR]
by suzumecco | 2004-10-14 18:00 | dialy
夜能
屋外で本場の能が見れる!ということで、
前売り指定席を手に入れて(頂いて)行った、夜能!

http://www.iijnet.or.jp/NOH-KYOGEN/koukoku/hibiya/hibiya.html

なのに、あいにくの雨です。
日比谷公会堂での公演となりました・・・しくしく。
椅子がキツイ・・・でも、能は迫力ありました!
そして、みんなのお目当てはもちろん、狂言の野村萬斎。
迫力あるし、ストーリーが分かり易いから笑えるしで、最高でした。
あの、声の張り、動きの綿密さ、なにか人を超えたものを感じます。

それから頂いたお食事券で、ちょっとよさげなイタリアンのレストランで遅めのディナー。
おいしかったけど、料理が来るのがとっても遅くて、おなかぺこぺこでした。
そういえば、なにげにKちゃんとデート二日目(笑)
明日も授業で一緒です。なんだからぶらぶ?☆

a0010667_11517100.jpg


おまけ
[PR]
by suzumecco | 2004-10-13 01:12 | dialy
浅草・寄席ツアー
a0010667_2034429.jpg浅草にやってきました!
2ヶ月前に来たばかりだけど、
今日は連休最終日ということで、前よりさらに人がたくさん。
外国からの観光客が多いのですね。
とってもインターナショナル。
道中、あんみつやさんを見つけて、あとで行こうと心に誓う。
雷門はスルーして、その次の門でパチリ(←このへんがひねくれてる)

a0010667_20344293.jpgあやしげなおもちゃやさん。
上の方に不気味なマスクがたくさん飾られています。
中でも一段と異彩を放つのは・・・ひしゃげた肌色の・・・・微笑。


○○様??!!!
とりあえず、めちゃめちゃ気持ち悪いです・・・(笑)
a0010667_20344280.jpgちなみにアップだとさらに気持ち悪いです(笑
明石○さ○まみたい・・とAちゃん。
これって確実に肖像権侵害でしょうねえ。
宴会芸で大人気おばさまたちのヒンシュク買うこと間違いなし!

(あ、でも実は「崩れたヨンさま」ってうちの父にソックリ・・・)

a0010667_20344260.jpgおまちかねの揚げ饅頭☆
アツアツのホクホクです。
おみやげにならないです。その場で食べちゃうから。
お参りをしてから、手打ちそばでランチ。美味☆
そういえば、川越でもお昼はソバだったなぁ・・・。

a0010667_20344245.jpg遅れてきたSちゃんと待ちあわせて、二回目のランチ。
もう食べた私たちはそろってあんみつ☆
おなかいっぱいーーーといいながらも、なんだかんだペロリ、でした(笑)

そして、今日のメイン寄席鑑賞@浅草演芸ホールです。
休日と言う子とで、ほぼ満席。
ただし、若い人は私たちくらい・・・
おじさまもおばさまも、おじーちゃまもおばーちゃまも、
みんな舞台に魅入って、笑い声を揚げ、拍手をパチパチ。
私は、寄席なんて初めて。
「花とアリス」で落語見て、「微妙だなぁ」と思ってたくらいだったけど、
本場の落語は面白かった!一緒に笑いっぱなしだった!


明日は能鑑賞です。
日本の伝統芸能満喫!!(寄席に来るのは芸能なのかな?)
[PR]
by suzumecco | 2004-10-11 20:34 | dialy
地元満喫☆
昼からならいごとの友達と近所のなんちゃって温泉に。
なごみ湯、電気湯、露店、寝転び湯、釜湯・・・といろいろつかって、気分爽快。
さらにヒーリングサウナで、十分汗を流して、またのんびりつかってみたり。
子供たちは走り回る。昔は派してたよねー。今はのんびりしたい・・・
これって歳かしら?なんて(笑)

夜は同期と地元のみ。会うのは今週すでに3回目(笑)
なんだかありがたみがなくなっちゃうなーと思いつつも、今日もほんと楽しかった!
高校時代の待ち合わせのメッカ****に集合!
いかにも地方都市な(笑)地元の商店街を抜けて、穴場っぽいお見せでご飯&お酒。
それからダーツ・・・のはずが、貸しきりとか、いっぱいとかで入れず、ボーリング。
ペア戦、初めてだったんだけど、すっごい楽しかった!
個人戦だと、私はガーターの連続で、情けない状況になるけれど、
一緒に組んだBのおかげで、そこそこいきました!
・・・足引っ張ってゴメンナサイ(泣)

帰ったら、みんなから、「幹事おつかれ」のメールが。
うう、泣けるねえ。またがんばっちゃうよ!
お店を探してくれたりしたのは私じゃなくて、Tなんだけど、彼にもとても感謝。
次こそはダーツやろうね、とひそかに盛り上がってます!よろしく☆
(てか、こんな辺鄙な場所に12人も来たのがオドロキです。みんなの行動力に拍手)

a0010667_1582542.jpg



←Yジパイ、写真使わせてもらいました~
  許可とってないので、ぼかし入りです(笑)
  (まねっこゴメン!)


ダンボ
[PR]
by suzumecco | 2004-10-10 23:42 | dialy