<   2005年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ZOO
乙一原作の「ZOO」を見て来ました。
平日昼間だと言うのに、会場はほぼ満席。
乙一人気を改めて感じました。

短編集原作だから、映画もオムニバス。
ホラーとミステリーの中間みたいな不思議なテイストの作品ばかりだったけど、
いちばんエグいを思ってた「SEVEN DOORS」がいちばん泣けました。
後味がふしぎ。なんか口の中に渋みと甘味が残る・・・感じ。
ひとにお勧めするのは、どう勧めたらいいのかしら?、な感じだけど、
現実と非現実の合間を感じたいときに、ちらっと見てみてもいいかも?!

ただいま、yahooで試聴できるようです!

http://streaming.yahoo.co.jp/ch/cinema4u/
[PR]
by suzumecco | 2005-03-23 18:20 | movie
発表会
連休最終日は英会話教室の発表会でした。
私たちのクラスは、ミュージカルをやりました。
社会人ばかりのクラスながら、毎週のように末集まって練習していて、
私も、ここ数年でいちばん力を入れてがんばったかも?!
そのぶん、達成感が大きかったです。

やっぱり、いちばん大変だったのは、ダンス。
からだカタイ私は、動きがカクカクしちゃうんですよね。
講師をやってくれたYちゃんは、とっても滑らかにきれいな動きをするんだけど、
同じ振り付けなのに、私がやるとヘンなんです。
家で練習していても、後ろで家族が笑ってるし(笑)

とりあえず、大好評でよかった~
来週からは、先生がイギリスから呼んでくれた、
プロのドラマの先生から学べます♪
[PR]
by suzumecco | 2005-03-21 23:02 | dialy
追いコン
土曜日は英語劇のリハをやりつつ、途中で一瞬抜けてサークルの追いコン。
1年生とは正直あまり面識なかったけれど、なんだかすごくいい雰囲気でほっとしました。

なんだか、とにかく、早稲田らしい、アツイサークルだったのです。
「自分たちがやりたいことを実現するには?」とか、
「早稲田をもっと盛上げようぜ!」とか、
そういことを毎日本気で語ってるような仲間。
一線から離れてから、なんだか遠くの世界のように感じていたけれど、
いまもその真っ只中でいろいろなことに挑戦してる後輩たちを見て、
懐かしいような、羨ましいような、誇らしいような。
不思議な気持ちになりました。
イタイ思い出もいっぱいあるわけですが、
こういうときは、都合よく、いい思い出ばかりが思いだされます。

後輩たちが作ってくれた手作りの卒業証書が嬉しかったなぁ。
いい友人、後輩、仲間に恵まれた、っていうことのありがたさを改めて思いました。
[PR]
by suzumecco | 2005-03-20 23:02 | dialy
花粉症
今年ついにデビューの新人です。ぴちぴちです(泣)

はじめは、目が痒い~ときどき鼻がむずむず・・・くらいだったのが、
昨日、雨上がりの悪夢で一気に悪化。
まともな生活が困難なくらい、目も鼻もくしゃみも止まらなくなりました。
ここのところ、花粉が怖くてひき籠もり&無駄に料理人と化してた私。
もうこのままじゃ本格的にヒッキーになっちゃうよ(というか、実際外に出られない)。
そこでようやく重い腰あげて、専門医に見てもらいました。
情報多謝☆X様!!!
ちょうど、従兄も同じお医者さまにかかってたみたいで、
「俺たちはいまハンディキャップを背負っている・・オマエもがんばれ」
と沈痛な面持ちでエールをくれました。

ちなみに、医院はありえない混みようでした。
診療開始時間の10分前に入ったにもかかわらず、2時間以上かかりました。
花粉症率高し。苦しみの仲間って、なんだか愛しい!(馬鹿)

毎年これに悩まされている人の苦しみをようやく理解できた気がします。
[PR]
by suzumecco | 2005-03-20 01:01 | dialy
音声通話定額
WIICOMが、ついにはじめるようですね。
これはケイタイにとって脅威になるんでしょうか・・?

もっとも、無料通話といっても、PHS同士のみだから、対ケイタイは相変わらず高い。
だから、そうとう狭いコミュニティ内でしか便利さを得られないと思うけど。
逆に、二台目に、と考えたらニーズはあるのかもしれないなぁ。

そういえば、はじめてもったモバイルはエヌパ(NTTパーソナル)だったけど、
友達とおそろいで買ったDDIポケットのピッチ(PHS)がいちばん印象深いです。
ただメール(名前通知サービスを利用して、16文字くらいのメールを無料で送受信するウラワザ)で、四六時中メールしまくってた高校時代・・・懐かしいなぁ。
(ちなみに、このただメールは、当然バレて、通知サービス自体廃止されたので、それと同時にキャリアを変える子も結構いました。シビアだ・・。というか、サービス開発者は、発表前に「メールとして使用される」可能性に気づかなかったのかなぁと今でも不思議に思う。)
そのころは、20文字(カタカナ英数字のみ)で10円のメールが、すごく贅沢に思えていました・・・・。

ケイタイを持つようになってから、私にとってPHSは、
存在は知ってるけど、正直あまり意識してなかった。
さっきニュースの特集で「弱みを強みに」とまきかえしをはかるPHSの話題が出ていて、
なんだか昔のことを思い出してしまいました。

もしいま、高校のときくらいの狭いコミュニティで、お金もない状態だったら、
友達と誘い合わせてピッチを買っちゃうかもしれないな、と思ってしまった。
あのころって、いま以上に、「いつでもどこでもつながってたい」って気持ちが強かったから。
じゃなきゃワンギリを挨拶代わりに使うなんて、妙な文化は広がらなかっただろうしね。

http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0503/15/news062.html
[PR]
by suzumecco | 2005-03-19 00:16 | dialy
歌舞伎
Xちゃんと歌舞伎を見て来ました!
初体験です!すごい迫力です!めっちゃきれいです!
お姫さまも、50くらいのおじーちゃんが演じてるんだけど、
舞台の上ではちゃんと、しなしなしていて、若い女の子なのです。
花道のすぐ脇だったから、近くで見ると、皺が、おじいちゃん(笑)
でも、キメの顔、足音、すごく迫力ありました。
鳥肌立ちました。
やっぱり、歌舞伎はすごい!!!

すてきな機会をあたえてくれたXちゃんに感謝☆
ありがとう~~

その後、先日同期のIちゃんにおしえてもらった***ダケをGETしに、某ショールームへ。
簡単なゲームに参加するだけで、ほんとにかんたんにもらえちゃいました☆
やばい。ほんとかわいい!
喜び報告をすると、そのとき一緒にいたKちゃんもGETしてました。
ひさしぶりに、キャラクターものにはまりました。
気がつけばシールも集め、ぺたぺた貼ってる自分に気づきます。
届いた本で勉強しつつ、キャラクターにのせられつつ、確実に染まっています・・・。
4月が楽しみだ♪
[PR]
by suzumecco | 2005-03-15 23:53 | dialy
これから
a0010667_22452391.jpg

しばらくblogっこから離れていました。
でも、今日も元気にお菓子を大量生産しています。
フランスでたくさん買ってきたものの、ほとんどが潰れてしまってたマカロン
ないのなら つくってしまえ マカローン
ということで、マカロン作りにハマって、たまごの白身を泡立てることに喜びを覚える奇妙な子になってしまいました。
でも、まわりの評価は意外に好評♪
口あたり軽いから、パクパクいけちゃうんですよね。
もちろんラデュレの味は出ないけど(苦笑)

というわけで(どんな前置きだ!)、ひそかに話題を呼んでいる「あのメール」ですが、
私のところには、4文字が来ました。
友達は結構離れてしまったみたい・・・
いいも悪いもないと思うけど、今後に見通しができて、ほっとしました。
[PR]
by suzumecco | 2005-03-14 00:07 | dialy
モン・サンミッシェル中から(2/17)
a0010667_0513791.jpg

内部は華美な装飾はないぶん、神聖さが際立つ印象。
欲を捨て祈りをささげて生きてきた修道士さんたちのきもちにほんの少し近づいた気がしました。(あくまで“つもり”。欲にまみれた現代人ですから(笑))

a0010667_0531255.jpg

中庭の回廊では、修道士さんたちが読書や瞑想にふけったとか。
沈んだ色合いにいろどられた内部で唯一、緑の鮮やかさが印象的でした。

a0010667_0551378.jpg

上のバルコニー(?)から周りを眺めると、一面の砂の海。
信じられないくらい遠くまで見渡せて(たぶん地平線もみえた)、
あまりに広さにくらくらきた。映画の世界だなぁと思う。
リアルとバーチャルがごっちゃになってしまう自分にこわくなってしまった。

a0010667_0583757.jpg

協会の上の方から続く階段やなんやを見降ろすとこんな感じ。

■写真のもくじへ■
[PR]
by suzumecco | 2005-03-06 00:59 | France
モン・サンミッシェル外観(2/17)
a0010667_0454259.jpg

ルーアンからバスにゆられてモン・サンミッシェルへ。
bashiにもオススメしてもらってた場所(気付いてなかったけど(笑))。

砂の海に浮ぶ島を覆うように建てられた教会。
潮が満ちると、まわりが海に囲まれ、文字通り「島」になるという。
多くの巡礼者を飲み込んだ海は、私たちを穏やかに迎えてくれました。
ちなみに、手前の小さな町で名物のオムレツをいただきました。
くわしくはこちらへ。

a0010667_0504888.jpg

近づくだけ、遠くなって行きそうな不思議な場所。
現実感がない。大きくて、お城のようで、歴史を凝縮した感じ。
パリから離れているから、個人旅行だと行くのが大変だと聞くけど、
あまりにカンタンについちゃってありがたみが足りなかったような・・・
(毎度寝てゴメンXちゃん)

■写真のもくじへ■
[PR]
by suzumecco | 2005-03-06 00:55 | France
早朝の富士山
1~2と、ゼミの卒業旅行@河口湖でした。
一応ワタクシ幹事。
ただし、そろいもそろってわがまま個性的で独立心の強い我がゼミ。
何しようかってとこからモメて、支離滅裂な感じで遊んで来ました。

河口湖でスワンレース、なんたら氷穴で地底探検、
コテージでキムチ鍋、
富士急では、乗り物組と美術館組と駐車場で運転練習組(迷惑 ^^;)に別れてみたり。
最後までバラバラ個性豊な私たちでした。
たのしかったわ~~。

なにより感動したのは、早朝露天風呂から眺めた富士山。
昼間は霧がかっていた山頂が、空気の澄んだ朝はくっきり見えました。
繊細優美、それでいて圧倒的な存在感。
多くの画家が冨士を描きたくなる気持ちが分かります。
そのあと、富士急でフジヤマニュージアムのたくさんの冨士の絵を見て、
ますます冨士の魅力に取り憑かれました。
時間があったら、一度は冨士を描きにいきたいなぁ。
[PR]
by suzumecco | 2005-03-03 21:09 | dialy