2007年 09月 19日 ( 1 )
MORNING
a0010667_23372525.jpg

三日目の朝、私はなぜかひとり早くに目が覚めた。
リビングから流れるコーヒーのにおいにつられて置きだしたら、パパとママがお散歩にでかけるところだった。
「私も一緒に行っていい?」と聞くと、ママが車に乗せてくれた。
パパは先にトラクターでぐんぐん丘を登っていく。
外はすでに明るい。まだ5時台というのが信じられないくらい、朝の光だった。
丘をあがっていくと、そこには彼らの牛たちがのんびり草を食んでいた。
a0010667_23265915.jpg

「なんでこんなところにいるの?!」
突然ママが怒り出して、車を降りると牛たちを追い回した。私、唖然。
「KENが柵を開けちゃったのね。この道には彼らは来てはいけないのよ」と説明してくれた。
犯人とされたKENパパは、トラクターでぐんぐん走り去っていく。
彼を追いかける牛の群れ・・・50頭くらい?
「彼らはKENNYの子供なのよ。パパが大好きだから追いかけてるの」
とさっきとは打って変わって愛しそうに語るママ。
うーん、これが大自然のはぐくむ愛なのかぁ・・・・・・・。
帰りに、大きな鳥の巣と、見渡す限りのの農園を見せてもらった。
「ここはすべて私たちの土地なの」
そういったママは、大地と動物たちをこころから愛してる顔をしていた。
a0010667_23345457.jpg

家に戻ると、友達二人はまだ眠っていた。
起きるのを待って、今朝の素敵な話をしたら、、彼女たちも「明日はぜひ行きたい!」と興奮気味。
農場の暮らしにどんどんはまっていく私たちなのでした。
[PR]
by suzumecco | 2007-09-19 23:40 | canada